比較されやすい人気のスキンケア「米肌」と「雪肌精」
どちらも信頼できるKOSEの商品ですが、どっちを使えばいいんだろう・・と迷う人もいるようです。
肌の悩みや年齢、値段や使用感などから、どちらがより自分の肌やライフスタイルに合っているか
米肌と雪肌精の基本のスキンケア商品をを様々な角度から比較してみました!
<雪肌精の特徴>
主に美白の効果を目的にドラッグストアなどで販売されています。
広告に若い人気の女優さんを起用し、公式サイトも可愛らしく出来ていて
「20代から30代の女性」をメインターゲットにしているように感じます。
「薬用 雪肌精」
200ml/5000円(税抜) 360ml/7500円(税抜)
乾燥によるくすみやかさつきを防ぎ、透明感がありキメの整った雪のような肌へと導きます。
さっぱりとした使い心地です。
和漢植物 ハトムギ・トウキ・メロスリア
「薬用 雪肌精エンリッチ」
200ml/5000円(税抜) 360ml/7500円(税抜)
通常タイプよりもしっとり感があります。
上記の和漢漢方に加え、バクモンドウ・テンニンカを配合し保湿効果をより高めました。
ローズとジャスミンを基調とした爽やかな香りも人気です。
「薬用 雪肌精ローションエクセレント」
200ml/6000円(税抜)
濃縮感のあるしっとりとしたリッチな美白化粧水です。
通常タイプと同じ和漢植物に加え、延命草・レイシエキスを加えしっとりとした付け心地です。
「薬用 雪肌精 乳液」
140ml/5000円(税抜)
ふっくらと美白する乳液。
表面はさらりとしているけど、薬用美白乳液の効果が角層深くに入り込み、弾力のある白肌を育みます。
和漢植物 センプクカ・ハトムギ・ボタンピ・メロスリア・トウキ
「薬用 雪肌精 乳液エンリッチ」
140ml/5000円(税抜)
もっちりとした濃密な潤い感。
高いしっとり感とべたつきの無さを両立し、豊かな潤いと透明感を高めます。
和漢植物 通常タイプからボタンピを抜き、保湿効果の高いバクモンドウ・テンニンカを加えています。
「薬用 雪肌精 乳液エクセレント」
140ml/6000円(税抜)
まろやかな感触で肌を包み込み、美白有効成分を角層深くまでしっかりと浸透させます。
和漢植物 通常タイプからボタンピを抜き、保湿効果の高いキッピ・ブクリョウを加えています。
「薬用 雪肌精 クリーム」
40g/5000円(税抜)
肌質を高め、より効果的に美白する水系タイプのサラッとしたクリームです。
和漢植物 ハトムギ・トウキ・メロスリア・高麗人参・冬虫夏草
このように、雪肌精は20代30代をターゲットに、植物の自然の力で美白に力を入れた商品です。
化粧水や乳液は通常タイプ、エンリッチ、エクセレントの3種類があるので
自分の肌質に合ったもが選べるのは嬉しいですね。
<米肌の特徴>
米肌は年齢を重ねた肌や毛穴、乾燥によるくすみのケアを目的に
30代~50代の女性をメインターゲットにしているようです。
ドラッグストアなどでは販売しておらず、通販限定の商品になります。
公式サイトに女優さんなどは起用されていませんが、米肌の何が効果を発揮するのか
どこが凄いのかを詳しく書いてくれていて、とても安心感があります。
米肌の大きな特徴は「ライスパワーNO.11」を配合していることです。
肌が本来持つ水分保持能は、加齢と共に減少していき、肌の水分を保つ力が弱まってしまいます。
この状態でいくら保湿をしても、表面が潤ったように感じるだけで、すぐに蒸発してあまり意味がありません。
ライスパワーNO.11は、この水分保持能を改善し、自ら潤う肌へと導いてくれるんです。
「米肌 肌潤化粧水」
120ml/5000円(税抜)
べたつきがなく、一年を通して使いやすいまろやかな使い心地です。
角層柔軟オイル配合で肌を柔らかくし、肌に吸い込まれるように浸透、透明感のあるふっくら肌に導きます。
配合美容成分 ライスパワーNO.11・ビフィズス菌発酵エキス・大豆発酵エキス
「米肌 肌潤ジェルクリーム」
40g/5000円(税抜)
プルンとしたジェルクリームはみずみずしい使用感でべたつきがありません。
素早く肌に馴染むので、クリームの重さが苦手な方や夏の保湿にもおススメです。
配合美容成分 肌潤化粧水と同じ
「米肌 肌潤クリーム」
40g/5000円(税抜)
コクのあるリッチな使用感で、エモリエントオイルが肌に溶け込みます。
乾燥が気になる肌や、秋冬の保湿におススメです。
配合美容成分 肌潤化粧水と同じ
「米肌 肌潤改善エッセンス」
30ml/7000円(税抜)
セラミドを生み出し、水分保持能を改善。
乾燥肌の方におススメで、キメの細かい透明感のある肌に導きます。
配合美容成分 肌潤化粧水と同じ
このように、全てにおいて使用している美容成分は同じですが
ライスパワーNO.11・ビフィズス菌発酵エキス・大豆発酵エキスの3つの成分で
とにかく保湿に力を入れている商品のようです。
雪肌精、米肌でお値段は大きく変わらないので、簡単に言ってしまえば
「年齢肌は今のところ気にならない、美白で綺麗になりたい!」なら雪肌精。
「年齢肌や乾燥が気になるの!」なら米肌という事ですね。
雪肌精はドラッグストアなどで買えますが、米肌は通販のみでしか買えません。
そこを不便と感じてしまう方もいるかもしれませんね。
ただ、米肌は初回限定で「14日間トライアルセット1500円」もあるので
迷っている方はこちらを先に購入してみるのも良いですね!

米肌の公式サイトはこちらです>>