ためしてガッテンのリンパマッサージ

ためしてガッテンでは、シワやたるみの原因は、顔の表情筋が緊張すること、つまりコリが生じることだと紹介されていました。

よって、筋肉をほぐす、緩めるマッサージが良いということです。顔に触らず顔の血行がよくなり、むくみも改善される新しいマッサージ術をすすめています。力を入れず、手のひらを密着させて、軽く押さえる程度に動かすだけです。

1、肩を回して鎖骨を大きく動かすようにします。そして、リンパ節を流すために、手のひら全体を鎖骨のくぼみに付けて、軽く3回程押さえるようにします。力を入れすぎないように注意します。

2、次に首の横のリンパをマッサージします。これも手の平を密着させて、ゆらすように3回程回して下さい。リンパの流れにそって、上から下に流すような感覚が良いです。

3、耳の前と後ろから鎖骨に向けてリンパを流します。耳を人差し指と中指で挟んで、上から下へなぞるようにして下さい。

4、肩に手を当て、首まで手の平をずらして、鎖骨にリンパ液を流します。

5、ここまでを、左右両方行います。

6、リンパは首の後ろの肩甲骨の上の辺りから鎖骨まで、両手を使って優しく流します。

7、後頭部の下の髪の生え際の辺りから、首の横を通って鎖骨にリンパを流します。

コツは優しくゆっくりとリンパを押し流すことだそうです。むやみに顔のマッサージをしていると、皮膚が伸びて余計にたるむことになるので、自己流のマッサージは危険です。

ためしてガッテンのテープで消す方法

ドラッグストアなどに売っている、筋肉サポート伸縮テープを用意します。

1、約6cmに切ったものを2つ用意します。

2、縦に2本切れ目を入れます。3つに分かれている状態です。

3、ほうれい線部分に、テープの切れ目を入れた部分を広げてはります。

4、耳の方に引っ張るようにして、耳の前あたりで残りの部分を貼り付けます。

5、左右両方にして、30分程放置します。

頬のたるみを強制的にひっぱりあげることで、リフトアップとほうれい線を消すことを目指せます。

身近に手に入るもので、低コストで行えるので、エステや美容外科に行くことを考えれば、手軽です。ただ、テープでかぶれてしまうような、皮膚の弱い方には向かないかもしれません。

まとめ

顔の皮膚はとても薄いものです。顔のマッサージなど、いろいろな方法が出てきていますが、自分流にしていると、逆効果になってしまうこともあります。

ためしてガッテンでは、ほうれい線を消す方法として、顔に触らなくてもできるマッサージで、簡単で続けやすいですよね!テープを使う方法も、少し強引なようですが、効果はありそうです。自分にあった方法で、正しく続けることが良いようです。まずはためしてみましょう!