ほうれい線を消すのに逆立ちが良い!?それって本当?

逆立ちの効果
逆立ちは健康法として、良く知られています。老化を防ぐこともできるので、
ヨガのポーズの中でも取り入れられています。
逆立ちをすることで血液の流れが逆になり、重力に逆らう状態になります。
下半身のうっ血を取り、上半身に新鮮な血液が流れるようになります。
よって、血流がよくなり、新陳代謝が高まり、老化しにくくなります。むくみの改善にもなります。

 

また、大腸と小腸の動きが活性化され、腸内環境が整い、便秘解消にもなります。
このことでも、血液の流れが良くなり、肌の代謝も上がり、肌のハリや弾力にも影響を及ぼします。

 

ほうれい線は筋肉の衰えによってたるんだり、血行不良やむくんだりすることでもできます。
血流が良くなり、むくみも解消され、肌の代謝が良くなる逆立ちは、ほうれい線を消す効果がありそうです。

 

 

どのように逆立ちをすればいい?
最初は壁に向かって、頭を下につけた、三点倒立がやりやすいと思います。
腕をのばしてする方法でもどちらでも大丈夫です。

 

倒立ができない人のために
背中逆立ち、肩立ちのポーズというものもあります。
バランスが苦手な人でも、身体を逆転させることができます。
首を痛めやすいので、首の固い人は、毛布やマットを利用した方が良いかもしれません。

 

1、仰向けになり、両手を床につけて、脚を伸ばしたまま、床からゆっくりと持ち上げます。
2、おしりと腰を床から持ち上げ、腰に両手を添えて、腰を支えます。
3.徐々に足先を天井の方にひざを曲げないように高く伸ばします。この状態をキープします。

 

どのくらいすればいいの?
1日合計で3?5分行うのが良いでしょう。1?2回を目安にして、合わせて5分くらいにしていきます。
最初は1回につき10?20秒をキープするようにして、最終的に1?2分くらいにしてみて下さい。
無理はしない方がいいので、しんどいと感じたら休んで下さい。

 

 

まとめ
ほうれい線を消すことと、逆立ちに何の関係があるのか、疑問に思いがちです。
しかし、血流や腸の動きが活性化され、新陳代謝が高まる逆立ちは、
老化を防ぎ、肌のハリも取り戻してくれるので、ほうれい線にも効果があるようです。
健康にもダイエットにも良いようなので、最初はなかなかできないかもしれないですが、試してみたいですね!

 

⇒〈TOP〉ドラッグストアで買えるコーセー化粧品