ほうれい線対策はいつから始めればいいの?ほうれい線予防の方法とは

女性ならみんな気になるのがほうれい線ですよね?

 

私も「若い時は全然気にならなかったのに、いつからできたんだろう?」と思う事がよくあります。

 

ほうれい線が気になって、いつからか笑うのが怖くなったという人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、年齢を重ねていてもほうれい線が全く気にならない人もいます。

 

「何か特別なエステに通っているのでは?」「ボトックスやヒアルロン酸など、美容整形をしているんでしょ?」と思うかもしれませんが、毎日のケアをきちんと行うだけでもほうれい線は予防できるんです。

 

もちろんできてしまったほうれい線を消すことは大変ですが、これ以上ほうれい線が深くならないようにする事はできます。

 

ほうれい線対策はいつからするべきなのか、ほうれい線を作らないためにはどうすれば良いのか、ほうれい線に効く化粧品などを紹介するのでご覧ください。

 

ほうれい線が気になりだすのはいつから?

 

「ほうれい線が気になりだしたのはいつから?」というアンケート調査の結果を見てみると、第1位は20代でした。

 

20代といっても、20代後半になってから気になりだしたという人が多かったです。

 

ある28歳の女性は、最初は笑った後に笑いじわがなかなか消えないなと感じるようになって、それから徐々にこれってほうれい線!?と気になりだしたそうです。

 

「いつからほうれい線対策を始めましたか?」というアンケートでは第1位が30代だったので、みなさん20代から気になりだしてもどんなケアをしたらいいのか分からないという答えでした。

 

しかし、30代でほうれい線対策を始めるのは少し遅いような気がします。

 

一体いつからほうれい線対策を始めるのが1番効果があるのでしょうか?

 

早めが肝心!ほうれい線対策は早めにしましょう!

 

いつからほうれい線を作らないためのケアをするのが良いのか調べてみたところ、正解は早ければ早い方が良いという事でした。

 

「早いといっても、10代でも始めた方がいいの?」と思う人もいるかもしれません。

 

10代で特別なほうれい線対策をする必要はありませんが、しっかり保湿をするのはオススメです。

 

早い段階から意識してほうれい線周りを保湿しておくと、乾燥によるしわやたるみを防ぐ事ができます。

 

オススメのほうれい線対策

 

「ほうれい線対策を始めるのは早ければ早い方が良いとわかったけど、何をすればいいの?」という方のために簡単にできる対策を教えちゃいますね。

 

・スマホを見る時は目線を高く

 

下を向いて長時間スマホを見るのは、ほうれい線の大きな原因と言われています。

 

特に、最近では10代のスマホ依存が問題になっていて、このことが原因で早くからほうれい線に悩まされる人もいるくらいなんです。

 

スマホを見る時は、なるべく目線の高さまで上げて下を向かないようにしましょうね。

 

・とにかく保湿!オススメはニベア

 

ほうれい線の敵は、乾燥です。

 

「いつからほうれい線が気になった?」という質問で20代半ばから気になったという人はきちんと保湿していなかったという人がとても多かったです。

 

そこで、ほうれい線にオススメの保湿アイテムがニベアです。

 

保湿力の高いニベアをほうれい線に塗り込むだけで、かなりのほうれい線対策になるので是非試してみて下さいね。

 

ほうれい線に効く化粧品、この成分を気にしてみて!

 

ほうれい線予防に大切なのが、化粧品選びです。

 

ほうれい線対策にオススメの化粧品としては、次の成分が入っているものがオススメです。

 

・お肌のハリを保つ

 

ビタミンC誘導体、レチノール、コラーゲン、プラセンタ

 

ビタミンC誘導体は日焼けによるシミなども防いでくれるので、毎日のケアに取り入れたい成分ですね。

 

・保湿力が高い

 

セラミド成分、ヒアルロン酸

 

化粧品を選ぶ時は、ほうれい線を作らないためにも成分を気にしてみて下さいね。