50代からだって遅くない!炊き立てのお米のような肌が手に入る!?

年齢とともに増えるお肌の悩みは様々ですよね。30代から徐々に乾燥が酷くなり、40代からはくすみやハリ不足、そして50代では・・・若いころと同じスキンケアではいけないのかもしれません。

 

「米肌」はそんな50代のお肌にもぴったりな、KOSEの通販限定スキンケアのブランドです。

 

米肌がなぜ大人の年齢肌と相性が良いのか気になりますよね?それはお米の力に秘密があるからなんです。

 

 

<お米エキスでキレイになれる!>

 

米肌に配合されているライスパワーNO.11が水分を保持する力を改善させます。ハリやツヤ感がアップ、乾燥が改善されるのでキメが整い、毛穴にも効果がありふっくらと潤う肌へと導いてくれるそうです。

 

ではライスパワーとはいったい何なのでしょうか?

 

その名の通りお米から作られています。偶然にも、日本酒を作る過程で発見された成分で、いくつかの種類がありそれぞれにナンバーがふられています。

 

例えば、ライスパワーNo.1は皮膚をすこやかに保つ効果がありNO.2は皮膚を保護し、清浄化するといった効果があります。

 

そして、スキンケアの主成分として注目されているのが米肌にも使われている「皮膚水分保持能の改善」効果があるNO.11のライスパワーエキスなんです。

 

水分保持能とは人間がもともと持っている、肌の水分をキープする力ですが年齢を重ねるにつれ、この機能が低下してしまうとハリなどの弾力が失われ衰えてしまうのです。

 

この状態でいくらスキンケアで保湿をしても、肌の表面が一時的に潤うだけで水分は蒸発して逃げていき肌の奥まで働きかけることはないのだとか。

 

そこで、ライスパワーNO.11の力で肌が水分を保つ力を改善させてあげます。水分保持力の高い肌が作られるので、スキンケアでの保湿が本来の力を発揮してくれるんですね。

 

ただ保湿をするだけでなく、肌本来の力で自ら潤う肌へ!これが米肌のライスパワーNO.11の力なんです。

 

 

<発酵成分や美容成分もたっぷり>
ライスパワーだけでもキレイになれそうですが、それだけではありません。

 

・保湿性に優れ、シワなどでたるんだお肌に弾力を与える大豆発酵エキス
・紫外線等の影響でできたシミやシワ、くすみの予防や改善の効果があるビフィズス菌発酵エキス
・高い保湿力があり、しっとりするのにべたつかないグリコシルトレハロース
・同じく保湿力の高い乳酸Naなど、優れた保湿成分

 

など、たっぷり配合しているんです。

 

これらの成分がライスパワーの力で角質の奥まで浸透。使い続けるうちに、炊き立てのお米のような、ぷるっとハリのあるお肌に導いてくれるんですね!

 

 

<肌極と何が違うの?>
肌極、こちらもKOSEから出ているライスパワーを配合したスキンケアブランドです。米肌と違い、通販限定ではないのでドラッグストアなどでも購入でき、お値段も米肌よりお手頃です。

 

同じライスパワーが使われているなら、年齢肌でもこちらの方が良いんじゃない?と思ってしまいそうですが肌極の対象となる年代は20代から30代なんです。

 

肌極は、米肌よりもさっぱりとした使い心地で、抗菌作用のある緑茶エキスが配合されています。20代30代の乱れがちなお肌の調子を整える成分ですね。口コミを見ても、肌極は20代から30代の方からの投稿が圧倒的に多く、米肌は40代以降の方からの口コミが多いです。

 

米肌は、40代50代と年齢を重ねたお肌の力を取り戻させ、保湿にこだわって作られた商品なので、やはり、エイジングケアとして使うのであれば米肌の方が良いようですね。

 

まだ試したことがない方であれば、KOSEの米肌公式ページで「14日間トライアル 潤い体感セット」が購入できます。

 

肌潤石鹸、肌潤化粧水、肌潤改善エッセンス、肌潤クリームのトライアルサイズ、そして非売品の肌潤化粧水マスクまで付いてきて初回限定で1500円。容量を換算した場合、6400円相当のものらしいですから、かなりお得ですよね!

 

これで使用感を気に入れば、定期コースにも申し込めます。普通に1回づつ購入するよりもお得になるので、定期コースもおススメですよ。

 

詳しくは米肌公式サイトに載っていますので、よろしければチェックしてくださいね!

 

米肌の公式サイトはこちらです>>